ホーム > 製品案内 > 機能性印刷

機能性印刷

帯電防止処理



帯電防止処理2


帯電防止コートフィルム


帯電防止図


帯電防止説明

特徴

低抵抗の帯電防止処理
(初期抵抗10の6乗Ω以下)
表面硬度があり、キズが付きにくい
柔軟性も兼ね備えているため、折り曲げに強い
防爆用途への使用実績あり
RoHs指令適合
静電気の発生する部分の帯電を防止。


使用用途

装置関連の表面シート
静電気を発生する部分の帯電防止
ほこりなどの付着防止
ディスプレイの帯電防止、防爆用途


製品規格

ベース材料:PET又はウレタン
材料暑さ :PET(0.125mm、0.188mm)、ウレタン(0.3mm、0.5mm)
基本サイズ:600mm×400mm


静電気放電(ESD)の対策

静電気放電(ESD)は、いくつか対策が挙げられるうち、帯電しない材料を使用して、電荷を拡散させる方法があります。
この方法は、材料の表面抵抗値を静電気拡散範囲に設計する必要があり、表面抵抗値は、IEC61340-5-1,5-2に準ずる場合、次の通り分けることができます。

・表面抵抗値Rs(Ω)による違い(IEC61340-5-1,5-2に準ずる)

10^2Ω≦Rs<10^5Ω:静電気導電範囲→
帯電しにくいが、電荷移動が速い。

10^5Ω≦Rs<10^11Ω:静電気拡散範囲→
帯電しにくく、電荷をゆったりと拡散させる。

10^11Ω≦Rs:絶縁範囲→
帯電しやすく、電荷が溜まりやすい。

当社の帯電防止フィルムは、帯電防止コート層により表面抵抗値を10^6Ω以下に設計することで、静電気拡散性を有しております。